DCクレール アームチェア WN/革(BK)

DCクレール アームチェア WN/革(BK)

DCクレール アームチェア WN/革(BK)

DCクレール アームチェア WN/革(BK)
DCクレール アームチェア WN/革(BK)
DCクレール アームチェア WN/革(BK)

DCクレール アームチェア WN/革(BK)

¥177,100税込
在庫状況
×
  • 送料区分:B 送料について
  • 配送オプション:「開梱設置」指定可能
  • 入数:1
在庫がありません

仕様・サイズ

商品サイズ
W57 × D55 × H80cm
個口
1
材質
ウォールナット
塗装
ウレタン塗装
原産国
日本
商品重量
7.10kg
保証ホーム
1年
保証コントラクト
3ヵ月
梱包パーツ
本体
梱包サイズ
幅62cm×奥行60cm×高さ84.5cm
張地仕様
張り込み
洗濯可否
不可

注意事項

◆ご注意◆


[木製品について]

商品を壁、壁紙等に密着させないでください。壁、壁紙等が変色することがあります。
転倒・変形・破損の原因となりますので平らな場所に水平に設置してください。
床面がフローリングや畳の場合は、敷物を敷いたり、脚の底面にフェルト等の緩衝材を貼ってご使用ください。床面の傷防止になります。
濡れた体で腰掛けたり、濡れたものなどを製品に乗せないでください。カビや汚れ、変色変形の原因となります。
木材ならではの質感を活かすために、節や節割れが入ったものもございます。木材の特性としてご理解いただいた上でご購入ください。
コンセント付きの家具の場合、指定容量以上の電気機器の使用はしないでください。
上に立ったり、踏み台代わりにしたり、製品の上で飛び跳ねないでください。
化学ぞうきんのご使用は変色の原因となりますのでご注意ください。
アルコール・ベンジン・シンナー・除光液等有機溶剤・エタノール・消毒液・除菌液は色落ちとシミの原因となりますので使用しないでください。
天然木を使用している商品は、木部分の木目の違い、それに伴う色味の違い、木材の自然な収縮がありますので、あらかじめご了承ください。
ケバやササクレの除去は特に注意して生産しておりますが、ご使用いただく前に一度お確かめ頂き、万一残っている場合は、ハサミやカッターで除去してください。身体や衣服を傷つける原因になります。
連結金具や付属金具の取り付けなど、組み立ては確実に行ってください。
新聞や雑誌などの印刷物を長時間置いておくと商品にインクが移る可能性がございますので、長時間放置しないでください。
高温多湿の場所には設置しないでください。カビやダニの発生、また、木部の反りや割れの原因になります。
冷暖房器具の吹き出し風が当る場所、直射日光が当たる場所などに置くと、木部の反り・ひび割れ・変形・変色の原因になります。
特に低温度や急激な温度変化、また乾燥などの使用環境にご注意下さい。割れや反りが生じる場合があります。
(天然木を使用した製品の室内環境として、室温20~28度、湿度50~60%を推奨します。)


[塗装全般のお手入れについて]

日常のお手入れは乾拭きで結構です。
塗装面のつやが変わる場合がありますので化学ぞうきんは使用しないでください。また、塗装面がこすれて薄くなる恐れがありますので、磨きすぎや硬い布は使用しないでください。
水気のものをこぼした場合は、固くしぼったふきんで水拭きした後、再度乾拭きしてください。
※水気が残っていると、表面に亀裂が入ったりシミになる場合があります。
※オイル仕上げは水分/油分に弱く、長時間放置すると輪ジミやシミの原因となります。
卓上コンロ等を使用される場合は、テーブルクロス等をかけてください。時々、乾いた柔らかい布で拭いてください。汚れのひどい時は中性洗剤を薄めたタオルを浸してよく絞ってから拭き取り、その後ぬるま湯で拭き取ってから乾拭きしてください。(オイル塗装は除く)
オイル塗装の場合は年に2度ほど市販の家庭用オイルでお手入れしてください。
(オイルは亜麻仁油主体のクリアオイルを使用して下さい。方法は家庭用オイルに表記された説明書をご覧ください。)


[本革製品について]

張地に使用している革は、また革本来の表情や風合いを残すために、革の表面に過度な処理・コーティングを施していません。その中でも張地がオイルレザーのものは皮の処理段階でオイルを加え、柔らかくしっとりした少し起毛感を感じさせる仕上げにしています。そのためナチュラルマーク(傷痕)や変色等が見られ、多くの場合一点一点個体差があります。
私たちはこれらをそれぞれの革のリアルな表情や個性としてとらえ、あえて残しています。表面を削り、均一に表情を整えることもできますが、それを生かすことができる上質な革を選定し、美しい味わいとしてみせられる加工を施し製品に落とし込んでいます。
よく触れる部分は時間と共に艶を生み、生活の中でついていく傷や汚れは革の中に刻まれていき、表情としてなじんでいきます。使い込むほどに味わいが増し、経年変化を楽しむことができる革本来の魅力を生かした仕上げです。これらの表情や変化を味わいとして楽しみたいお客様に、ぜひおすすめしたい仕様です。



関連ジャンル